優雅で華麗な社交ダンスの世界 歳を重ねてもいきいきと輝いて




社交ダンス、競技ダンス、競技会

こんにちは!クロジです。

社交ダンスといえば「Shall we ダンス?」や「ウリナリ芸能人社交ダンス部」「金スマ」のTV放映が有名ですね。

ここ何ヶ月かに渡って両親の社交ダンスによる熱いディスカッションが繰り広げられていました。

( ちょっと怖い 笑 )

「大会があるから暇なら観に来てね♪」と言われましたので、さっそく観に行ってきましたよ〜!

まるで舞踏会?!キラキラゴージャスな舞台メイク&衣装!男性陣もメイクしてたよ!

社交ダンス、競技ダンス、競技会

女性は宝塚のような舞台メイク、男性の方々もメイクされてました!

タキシードってカッコイイ!

お姫様のように髪をまとめてキラキラのヘアアクセサリーとドレスに身を包み、とにかく華やかでした。

イメージは19世紀のイギリスの舞踏会なんだそうです。

社交ダンス、競技会、競技ダンス

競技会は一次予選から始まります。

競技者は各予選に12〜14組に分けられて、種目ごとに1分半程度の音楽に合わせてダンスの技術を競い合います。

楽しく踊る社交ダンスと違って、もはやアスリートの戦いといえます。

競技ダンス、社交ダンス、競技会

スゴイ迫力。美しくもありスピードがあってダイナミックです。

社交ダンス、競技会、競技ダンス

優雅さと芸術性を感じます。

音楽はスタンダード ( ワルツとタンゴ )が流れていて、映画の中に入ったようにロマンチックな気分になれました♪

試合結果は一次予選、二次予選を通過して惜しくも準決勝で敗れました。

決勝戦まで進みたかったので残念でしたね。

決勝戦は6組で戦うのですが、勝つと優勝カップルは「オナーダンス」といって最後に1組だけで踊れるんです。

素敵ですね!

今日はおつかれさまでした〜✨

この記事はiphoneから投稿

0